小学5年でもわかるように解説をお願いします。

Writer: admin Type: duanmo Date: 2019-03-05 00:00
小学5年でもわかるように解説をお願いします。###まずアからケの中で、ABCDの和の計算で4回全てで使う場所がオとエとカなので、オに9、エに8、カに7、が入ります。(ここの3つの数は入れ替えてもok)次に使う回数が多いのが、AとBの時に使うイ、CとDで使うクなので、イに6、クに5が入ります。(ここも入れ替えてもok)残りのア、ウ、キ、ケはどれも1度しか使わないので、余った数の1234をア、ウ、キ、ケに入れるとA=1+6+8+9=24B=2+6+9+7=24C=3+5+8+9=25D=4+5+7+9=25よってA+B+C+D=98となります。ナイス0
###A+B+C+Dを考えたときに、オの数は4回使われ、イ、エ、カ、クの数は2回使われア、ウ、キ、ケの数は1回使われます。だから、最大にするには、オが9でイ、エ、カ、クには、8,7,6,5のどれかを入れア、ウ、キ、ケには、4,3,2,1のどれかを入れたら良いでしょう。そうすると合計は9×4+(8+7+6+5)×2+(4+3+2+1)=36+26×2+10=36+52+10=98となります。ナイス0

 

TAG