退職日について。

Writer: admin Type: duanmo Date: 2019-03-06 00:00
退職日について。就業規則で退社希望は6ヶ月前となっているところダメ元で4ヶ月前に退職の意思と退職希望日を申し出ました。その時は予想外に快くokをもらったのですが、それから2ヶ月ほど経ってから状況が変わったようで(他にも退職者が出た、新規採用が上手くいかない)希望日には辞めさせられないとひき止めが始まりました。 今の状況だと明らかに迷惑がかかるのは分かっていますが先に退職日が決定していたため他の予定をすでに進めて決定しておりその旨と延長は無理なことを伝えましたがもう一度考え直しての一点張りです。らちが明かないので一旦切り上げて考え直してみるととりあえず伝えました。が、そんな気はさらさらありません。円満に終われるかと思っていたのにもう雰囲気が悪くなりそうでかなり嫌です。確かに就業規則より短い期間でしたが先にokを出したのは会社側です。ひき止めのときに就業規則違反?のような感じにもなるからと濁して言われたのですが、先にok出したのにこれって違反のような状態になるのでしょうか?長文お読みいただいてありがとうございます。共感した0###会社規則はこの際無視して構いません。民法627条を通告してお辞めください。https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC627%E6%9D%...2週間経過したら、労使間合意が無くても勝手に退職できます。賃金等も、労働基準法23条に従い1週間以内にお支払いくださいと、通告します。(金品の返還)第二十三条 使用者は、労働者の死亡又は退職の場合において、権利者の請求があつた場合においては、七日以内に賃金を支払い、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。○2 前項の賃金又は金品に関して争がある場合においては、使用者は、異議のない部分を、同項の期間中に支払い、又は返還しなければならない。これらに妨害があったなら、労働審判に申し出てください。司法が解決してくれます。http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/ナイス0
###みなさん、たくさんの回答をありがとうございました。ベストアンサーはアドレスなど詳しく載せて頂いたこちらの方に。退職日は絶対に決めていた日で行きます。ありがとうございました。###退職の意思表示が6ヶ月前であれば退職阻害になる可能性があるので、労基署や弁護士に相談してみるといってみては。ナイス0
###>円満に終われるかと思っていたのに幻想だね、辞めると言った時点でキミは組織の裏切り者。会社は会社の都合だけで、被害を最小限に食い止めようとするので無茶を言い出す。そもそも6ヶ月前という規定自体常識上通りにくいだろうし、従業員に無言のプレッシャーを掛けることになるからね。違反と言われればケンカ吹っかけられてるわけで、キミもお人好しを通す必要はない。裁判でもなんでもやりやがれって、ふてくされるくらいの対応でちょうどいいよ。ナイス0
###なりません。口頭といえども一旦OKが出ていたのであれば強気で押し切ればよいです。後のことを気にする必要はありませんので、貴方自身のことを最優先に考えることです。それと、考えてみるとか勿体つけた発言は一切しないことです。このような発言は揚げ足を取られる原因にもなりますから、取り付く島もない対応がベストです。退職届は文書で出しましたか? 記録を残す意味でも文書は大事です。ナイス0
###民法627条1項で……労働者は、2週間の予告期間を置けばいつでも(理由なしに)契約を解約することができます。ただ、月給制の場合……627条2項が適用され……原則、現在の給与計算期間の前半(3月1日から31日までが給与の計算期間であれば、3月1日から3月15日までの間)……に退職届を提出し、翌月の給与計算期間になったタイミング(つまり、4月1日)で退職することができるとなります。結局、退職の申し出から2週間から1か月ほどで退職できるわけです。この退職の申し出を会社が拒否することはできません。つまり、就業規則の6ヶ月前の申し出というのは、(そもそも 3ヵ月以上の拘束は長すぎます)従業員へのお願いというレベルのもので、そこに法的拘束力はないのです。辞職届を会社が受け取らなかった場合には、内容証明郵便によって辞職の意思を伝えればよいと思います。https://workandlife.net/contents%E2%80%90certified-mail/ナイス0

 

TAG