なぜ、知恵袋で主張を繰り返す人がいるのでし

Writer: admin Type: タブレット端末 Date: 2018-12-13 00:00
なぜ、知恵袋で主張を繰り返す人がいるのでしょうか?個人的には、ブログ、もしくは、もっと大きな舞台でやればいいのにと思うのですが。で、私は、一つは、知恵袋は主張をする場所ではないので、空気を悪くする質問を見ることによって、知恵袋が楽しくなくなった。つまり、不利益を得たと考え、裁判にできないか?と考えています。もうひとつは、私は、実際に裁判や物事を大きくする後押しができたらと、暗躍しています。たとえば、杉田水脈議員のLGBT問題に、賛同する人がいるので、実際に、杉田水脈議員のサイトから、こういう人がいるけどどう思いますか?と、メールを送ってみました。もっと、私みたいに、現実的な活動をすればいいのに、と思うのですが?その方が楽しくないですか?補足あー、別に俺も俺が正義だとは思っていないし、俺もどちらかというと、荒らし側の人間です。荒らし側という強硬派?愉快犯?扇動者になりたい。物事が大きく炎上するのって、楽しくないですか?それが、一般的な正義という後押しがあるのならなおさら。また、問題は難しいほど、攻略やクリアしがいがある。それが私の中では、知恵袋の相手を裁判に持ち込む、なわけです。(知恵袋 裁判のワードがあると、削除されるかな。私は私の楽しみで、試行錯誤している。で、知恵袋程度の規模で、煽ったりするのって、何が楽しいか?と。もうちょっと現実的な活動や、せめてブログで書けば、賛同者もいるんじゃないかねー?と。###荒らし対処法一般的な荒らしに対しては、「警察に通報する」「こんなことをして何が楽しい?」などと反応するのは逆効果だ。また、対策を取った後で「荒らしさん、もう終わりか?」と煽るのも良くない。掲示板の管理者はログを保全したうえで、無言で荒らしを消去し、特定のリモートホストやプロキシサーバを経由した書き込み、「NGワード」を含む投稿を一切禁止することが求められる。そして一時的に掲示板を停止し、荒らしが去るのを待つ。再開時にURLを変更するのも効果がある。スクリプトキディが繰り返し荒らしているのであれば、よりセキュリティの高い掲示板システムを使用することでも被害を防げる[7]。荒らしは他人の反応を楽しみにしているもの、あるいは逆恨みによるもの、特定の団体・対象への信仰心または嫌悪などがほとんどのため、相手にするとかえって喜ぶか逆上、余計エスカレートする。そのため、全く相手にせず、ひたすら無視するのが最善だ。無視し続けてもなお旺盛な活動を継続する荒らしもいるが、そのような場合でも、いずれにせよ相手にしてもしなくても、無視してもしなくても荒らし行為を続けるので、その場では相手にせず、別の管理的な対処が必要だ。また、意図的な荒らしとは異なるが、前項のコミュニケーション能力に問題がある者の書き込みについても、本人が無自覚であるがゆえに「あなたの書き込みは不愉快だ」などと注意したり叩いたりすると、「理不尽なことを言われた」と感じ取って逆上し、結果的に場が荒れるため、注意が必要だ。結局のところは、本人が飽きるか「相手にされていない」と感じて立ち去るまで無視する他に手立てはなく、それまでの間は本人の好きなようにさせるしかない。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E3%82%89%E3%81%97ナイス0
###いわゆる荒らしと、主張を繰り返す人は違うと考えます。例えば、「喫煙者はバカだ!」「同性愛者は犯罪者だ!」という主張的な意見を繰り返す人がいるわけです。で、とりあえずは様子をみて、半年以上続いている人は、もう習慣化していると思うのですね。彼らには彼らの正義があり、世の中を何とかしようと勘違いしているわけです。もしくは、ストレスの解消としての主張か。なので、「本人の好きなようにさせるしかない。」というのは、難しいと感じますがどうでしょうか?というか、知恵袋では、新しい人も入ってくるわけで、その新しい人は反応してしまう現実はあります。で、本質的にはこの問題はいじめと考えています。私は、他者否定は好きではないのですよ。で、自分はいじめられる対象ではないから、そういう他者否定をする人を、好きなようにさせるというのは、おかしくはないでしょうか?「別の管理的な対処」の勧告としてはありな気もしますが?
###無視するの一つの手だとは思いますが、裁判沙汰も効果はあると思います。実際に私は一度裁判を起こしてみたいし。また、見なければいいという話でもないでしょ。考え方も新しくすべきかな?とは思います。でも、回答ありがとうございます。###その人は冗談抜きでそういう病気なので、何を言っても意味がありません。近親者が病院連れてってくれることを願うほかないです。ナイス0

 

TAG