ドライバーでアドレスのとき少しだけネック寄

Writer: admin Type: duanmo Date: 2019-03-05 00:00
ドライバーでアドレスのとき少しだけネック寄り(真ん中の目印をボール右側に)に構えた方が、真っ直ぐ飛ぶんですが、何かスイングがおかしいんでしょうか?共感した0###プロでもネックやトゥーよりに構える人も、かなり後ろに構える人も居るので、真っ直ぐ飛んでいる内は問題無いと思います。ナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###バックスイングとダウンスイングの下半身のバランス。ダウンスイングだけ下半身を引っ張り込んでいるから。右のお尻を後ろに、バックスイング。左のお尻を後ろに、ダウンスイング。ナイス0
###珍しいです。逆は良くあります。何かがおかしいことは確実です。アドレス時よりもインパクト時の方がヘッドが中に来る理由は体重が後ろ(踵)の掛かっているグリップを体に寄せすぎなどが考えられます。因みに、飛距離を犠牲にするならばネックよりで打った方が真っすぐに飛びます。ナイス0
###あたまが痛いんやろナイス0
###重大な不具合のない標準的スイングであることを前提として・・・ネック寄りに構える≒ネック寄りでボールを捉えるならば、DRに限らないと思いますよ(=^ェ^=)シャフトのシナリ&ネジレを適正利用する場合、Impのシャフトシナリは右凸形状・ネジレは左回転状態・・・この動態をヘッド運動に伝達する変換装置がヒールネック現象的にはヒールネックを中心としたヘッドの左回転運動とみなせる要素をもっている・・・回転運動であれば作用点が回転中心に近い方が回転曲率の影響が小さい↓↓ネック寄りに構えるとボールがまっすぐ飛びやすい現象に矛盾しない・・・となります♪ヽ(´▽`)/ナイス0
###そういうアドレスでまっすぐ飛ぶスウィングになっているだけです。私は少し外側にアドレスすることが多いです。私の友人にクラブヘッドの外側に外してアドレスする人もいます。ナイス0

 

TAG