ハンドボール元日本代表の東さんが浪商のラフ

Writer: admin Type: duanmo Date: 2019-03-05 00:00
ハンドボール元日本代表の東さんが浪商のラフプレーは、それくらいはファールではない的な、コメントをされていますハンドボールのルールが良く判らないのですが相手の首をひねるとかひじ打ちをくらわすとか※ひじ打ちは腰をひねってみぞおちに入れてますがファールにならない競技なのでしょうか?詳しい方がいましたら回答お願いします共感した1###ハンドボールは詳しくはありませんが・・・東俊介さんは5日の「めざましテレビ」で、「ぶつかり合いは当たり前のスポーツですが、間違いなくラフプレーだと思いますし、ルールに則ってはいないプレーだと思います」とコメントしていました。同日の「グッディ」では「ラフプレーではない。」と主張を変え、「○○殺す!半身不随、障害者だ、今のうち元気を味わっとけよ!」といった脅迫メールでさえ(番組では○○殺す!の部分しか放送していませんでしたが)擁護し、最後に「高校生の未来を大人が奪ってはいけない」とコメントして終わりました。この数時間で意見が変わってしまっています。桃山学院の被害選手の未来を奪おうとしたのは浪商の加害者選手のはずで、試合中に暴力行為が当たり前に行われ、見逃されている競技はスポーツとして成立しておらず、ただの喧嘩です。東さんは格闘技に例えていましたが。格闘技はルールが厳格に決められており、反則行為の見逃しはあり得ない状況で判定され試合している全く別物です。また当たり前ですが格闘家は相手の命を奪うような攻撃はしません。東さんの主張がハンドボールならば「やられたらやり返す」ただの喧嘩を大人がさせているだけです。そもそも訴えた桃山学院の木村監督は、日本リーグで活躍し全日本強化選手でもあったキャリアのある元選手が訴えてます。また、おおたわ史恵医師が「あの行為は命に関わるので絶対やってはいけない。とても危険なのでやってはダメ!」と訴えてました。医師が警告する危険行為を、「ハンドボールは格闘技と思っている。インター杯出場がかかって熱が入りすぎてしまった。高校生は未熟だからしかたがない。当事者同士で話し合うべき問題。」と危険行為を仕方がないと片付けようとする東さんの主張は、ハンドボールのルールを確認するまでもないと思います。ナイス0
###私も両方観ました東さんの主張が変わっていましたLINEの内容も全てと言うか肝心な部分を隠して放送されていました「騒ぎ過ぎ」と言ってる人達も多いのでルールであれくらいは認められている行為なのか気になって質問しました回答者さんが書かれた様に「仕返し」に思えますしかし、それを「ダメ」と教えるのが教育だと思います回答ありがとうございます
###高校生の人生を奪ってはいけないと思いますが教えてあげることも必要だと思います###ルール的には完全にファウルです。確かに二審制ではすべてのファウルは拾いきれないので、審判が見てないところでのいざこざはよくあります。でもあのひじ打ちと首ひねりはやりすぎ。しかも予告してたのだから確信犯。あのような悪質プレーを擁護する東俊介は最低です。ナイス0
###ハンドボール経験者ですが、正直メディアで騒いでいるほど大変な出来事ではないと思います。日大のアメフトとは異なり攻守が変わる動きの終わり際、つまりプレーが動いている最中である事止む無しと感じられる理由の一つです。モザイクがあり詳細まで見えきれていませんが、ボールを持っていない選手に対し、そもそも桃山の選手もホールディングという行きすぎたディフェンスをしているようにも感じられる気がしています。(まあその程度のディフェンスもザラにありますが、、、)かつ体の右側を掴まれているのに左腕を振り切るというところに疑問を感じている意見もありますが、左腕を単純に振り回すよりも右肩を後ろに捻る事により物理的に掴まれてる左肩が相手より遠い位置になり、解く事ができるので一概に違和感を感じる事もできません。そして後ろにいる人の鳩尾をノールックで意図的にヒットさせるのも難しいと思います。強いて言うなら右腕を振り切る力加減や肘を曲げすぎている事、またSNSでの素行が問題だとは感じられます。あれが横行すべきでもなく、あれが正しいとも言えませんが、厳密にあれを全て禁止するのであればハンドボールというスポーツは成立しないのでは、といえるくらいには激しい身体接触に溢れています。また現状の二審制ではファウルを拾いきれなくなると思慮できます。ナイス0

 

TAG