先輩ママさん……。どうか、助けてください。

Writer: admin Type: タブレット端末 Date: 2018-12-17 00:00
先輩ママさん……。どうか、助けてください。子供が風邪をひき、薬がイヤでギャン泣きして、嘔吐しました。何時間もかけ、頑張って飲ませた薬を吐かれたことによる怒りで、思わず私は「吐いたらダメでしよ!」と叱ってしまいました。冷静になれば、苦い薬も大人でも嫌だし、単に気持ち悪くて吐いたのかもしれないのに……と後悔して、謝ったものの、ご飯を全く食べません。普通にノドが痛くて食べないだけと思いますが、もしかして嘔吐を叱ったからご飯を食べなくなったのでは……?と思うといてもたってもいれなくて……。結局、昨日からヨーグルト、うどんちょっとしか食べず。あれだけ苦手だった薬は飲んでいます。同じような経験がある方、今後どうしたらいいのでしょうか?共感した0###処方する立場の人間なんですが、いっそのこと飲まない、という選択肢もあるわけでして、今後はその選択肢も考慮していただければ楽になると思います。小児の感染症で治癒までに薬剤の助けが必須なものは、実はそんなに多くありません。薬で治るのではなく、お子さんの免疫力で治るわけですね。しかし医師とはせっかく受診してくれたのだからと、どうしても薬を処方してしまうものなのですね。治るのに必要だから、ではなくてできれば早く治るように、という理由で。特に乳幼児期のお子さんに対して、どうしても薬剤の助けが必要な状態とは入院が必要な状態とほぼ同義であると思って良いですよ。というわけで、今度お子さんに薬が処方された場合には、①治癒のため内服が必要なもの、②飲めれば飲むで良いもの、以上を区別して教えてくれと医師にリクエストしてみることをお勧めします。たいていは②なんです。あとは、複数の剤形(シロップなのか、ドライシロップなのか、顆粒なのか、など)があるものでしたら、私は過去に内服できた剤形を選ぶようにしています。質問者さんも、お子さんが飲めそうな形があるのでしたら、できれば~の形の薬、とリクエストしてみてください。お大事にしてください。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###うんうん。キレる気持ちわかりますよ。でもお子さんも本当に食欲がないだけじゃないかな。お薬飲めるようになって良かったですね。できるだけのど越しの良いものを食べさせた方がいいと思います。それこそアイスクリームでもいいし、ゼリーでもいいし。食べられるなら何でもいいんです。果物とかでも。お医者さんが言ってましたが、吐いたとしても少し口に残っている部分はあるので気にすることはないと思います。おいくつかわかりませんが、100均で売っているような小さいスポイトに解いた薬を含ませて口にピュッと入れてやると意外とすんなりいきますよ。病院に相談したらスポイトももらえると思います。他の方の仰るとおりに他のものに混ぜてこっそり食べさせても。お大事になさってくださいね。ママ頑張れ!ナイス0
###とりあえず薬を飲んでくれて良かったですね。お子さんが何歳かわかりませんが…。泣きすぎて吐いたりしますしね。私の娘はいきなり薬を飲まなくなり、ひたすら「お薬飲めたね」のコマーシャルを見せて洗脳しました…。食べれないのは食欲がないからか、喉が痛いからかも。冷たくて甘い物などは食べないですか?プリンとか。内科の医師は「食べれないなら食べやすい物、少しで大丈夫」って言ってました。お大事になさってください。ナイス0
###先輩ではないかもしれませんが..薬の形状がわかりませんが、小さい子なら粉かシロップですか?うちはまだ粒とカプセルは飲めないので、というと粉にしてもらえます。シロップなら甘いでしょうし、粉なら、ぬるま湯で溶いて少量のバニラアイスに混ぜてあげます。子どもも風邪をひけば辛いでしょう。大人なら、こうすればマシになるとか、少し経てば楽になる、薬飲めば良くなる等わかりますが、子どもはそれもわからず、ただただしんどい。しかも嘔吐して叱られる..お母さんのお気持ちもわかりますが、少し可哀想です。お母さんも大変でしょうから、こういうときは、親も子も一番楽な方法を選択して良いと私は思っています。薬が嫌なら、甘いアイスに混ぜよう。何時間も苦い薬と格闘するより、病原菌と頑張って闘っているご褒美です。ご飯食べられないなら、無理せず、食べられるものだけ食べよう。ヨーグルト、プリン、おかゆ、うどん..水分補給はしっかりと。お茶が気持ち悪ければ、ポカリを薄めてあげてもいいじゃないですか。体調が悪いときに上記のことは甘やかしではないと思います。そして体調が悪いときにまで厳しくするのは躾ではないとも思います。看病疲れもあると思いますし、お母さんもできるだけ休養してくださいね。早くよくなりますように。ナイス0
###食欲がなければ食べないし、体調悪い時は何かを口にした拍子に吐いちゃうこともありますよ。子どもがする事しない事をいちいち気にしてたら疲れませんか??体調戻ってきたらご飯も食べますよ!!とは言え、子どもが体調不良の時は必死に看病するのが親心ですよね。ちょっと怒ったくらいでご飯食べなくなることなんてないですよ!お腹すいたら食べます、きっと☆体調悪い時は無理して食べさせて吐いちゃうよりも、食べられる分だけ!あとはこまめに水分補給!!あとはお医者さんの指示に従ってドンと構えましょう!ママも大変だけど頑張れ!!お子さんはママが大好きだよ!!!ナイス0
###冷静になればわかると思いますが・・・そもそも、発熱、咳、痰、鼻水、下痢、嘔吐などの体から出る症状は、熱でウイルスを殺したり体内から異物や菌を出すなどの【治癒反応】が【正常】に働いている証拠です。【正常】なので、病院へ行ってそれらを解熱させたり薬で止めるような事をする必要はありません病院というのは【対症療法屋】の【薬物専門店】ですからそこに行けば、薬物が処方されるだけですしかし症状は治癒反応なので薬で無理矢理押さえればお子さんはどんどん自ら治す力を失っていきます。せっかく体が発熱などで免疫力を上げているのに薬で解熱するということは免疫力を下げる行為です症状は低体温や便秘・鼻詰まりなどの出ない時の方が心配です。脱水症状が心配なので水分やミネラルの補給を忘れずにどんどん出すことが重要です。食事も消化に体力を奪われるので無理にする必要ありません。食欲がなくなるもの体が消化出来ないので入れないでという体の反応です。水分+絶食+安静で最短完全完治です。薬を飲むために食事をするのは最悪の行為です。高熱とともに激しい頭痛や意識障害、けいれんめまいなどを伴うなら治癒力が負けているので問題ですが...安易に病院に行く必要もありませんし薬を飲む必要もありません。この世に風邪の薬はありません風邪は、薬が治すのではなく体が治すのです症状=病気ではなく病気を治そうとする治癒反応=症状です。ウイルスが悪さをしているわけではなく自己治癒機能が発熱をして免疫力を上げてウイルスを退治しているのです。発熱は体が目的を持って熱を上げていますから目的を達成すれば下がっていきます。出さないといけないのに薬で止めると自らの力で治そうとする自然治癒力が失われて急性の病気がどんどん慢性化していきます。薬とは副作用と引き換えに一時的に症状に対処するだけなので根本的な問題を解決してはくれません問題を解決しない病院に行くということはご自身が便利さを求めて行くのと同じことになります食事で便利さを求めるとコンビニなどで添加物まみれの出来た加工品で食事を済ませるということになります一から新鮮で無農薬の食材を買い集めて自分で料理をして栄養を摂取するのとは全く異なります病院に行くということはコンビニに行くのと同じになりますさらに抗生剤などの薬を飲んだりすると自己免疫力が全て失われていきますそして、抗生剤で無理やり殺した菌の死骸が今後は肺に溜まるので当初よりも酷い咳が出たりする場合があります。そして咳き込んで寝れないといった状況に陥りさらに咳止めの薬を飲む悪循環常に症状を薬で誤魔化しながらその菌に対して何にも解決しないままの状態に陥ります症状=病気だと洗脳させるこれらが医師連盟・学会・製薬業界がメディアを通じて作りあげた一生、病院へ通いお薬手帳と共に生活していく薬漬けシステムですその結果、世界の人口1.8%の日本人が世界の薬の40%(タミフル75%)を消費している薬漬け大国なのです。その医療費は国家税収とほぼ同額の40兆円ですそれらの税金が外資製薬メーカーに湯水のように流れ込んで行くのです。【薬】とは上に【草】があり、下に【木】があり木よりも草が大事です。草というのは、ご飯・野菜・海藻など果物・木の実は摂り過ぎないように少量【楽】しんで体を【楽】にするのが【薬】です。*食事も消化に体力を奪われるので無理にする必要はありません昔から病を見ずに人を見よと言います子供は機嫌と元気が大切です機嫌がいい時は精神面が安定している証拠元気がいい時は体力面が安定している証拠です。補足として、快食・快眠・快便これらに異常がある時には【正しい医者】にかからなければいけません人間の体には100人の名医が存在します。本来、その手助けをするのが正しい医者です。しかし現代医療は歪んでいます。自然治癒力を無視して直ぐに症状に応じた対処療法薬を処方して自己治癒力を奪い取るような医師はビジネス医師であり正しい医師とは言えません。【病理学】の医師は対処療法を学びますが【免疫学】を学びません。病院というのは【対症療法屋】の【薬物専門店】です対症療法は結果にだけ焦点をあてた薬物療法なので原因にアプローチした療法ではありません安易に病院という対処療法屋へ行って薬を飲む癖を付けるのをやめてあげて下さい。お子さんが体調を崩したということはお子さんの免疫力の低下が原因です。免疫力の低下に繋がるような食事や生活習慣・ワクチンなどの薬害など・・それらを真剣に考え見直す必要があります。赤ちゃんの健康は母乳の質で決まります。親御さんが正しい知識を身に付けて医者いらずで免疫力が高い元気なお子さんに育てて下さい。お大事にナイス0

 

TAG