高校生古典、「義経記」〜如意の渡りにて義経

Writer: admin Type: duanmo Date: 2019-03-07 00:00
高校生古典、「義経記」〜如意の渡りにて義経弁慶打ち奉る事〜についての質問です。「役所へ伺い申さで通すべからずとの御法にて候ふぞ。」の「申さで」は誰から誰に対する敬意の方向を表しているのでしょうか。また「尋ね申さでは渡し申すまじく候ふ。」の「申さ」、「申す」の敬意の方向も知りたいです。謙譲語であることはわかるのですが、敬意の方向がいまいちわからないです。よろしくお願いいたします。共感した0###役所へ伺い申さで……権頭から役所尋ね申さでは……権頭から山伏(の一行)渡し申すまじく……同上ナイス0
###簡潔に教えて下さり、有難うございます ♂️参考にさせて頂きます!###前後がよく分からないのですが歌舞伎等で有名な安宅の関の元になった話ですね?最初のは渡し守りが弁慶に向かって言っているのですね?その動詞(申さ)の主語(渡し守り)が自分を低めてその動詞の動作の受け手(その法を決めたもの。役所なのか守護職なのかはこれだけでは不明)を高めている。後のは渡し守りが弁慶に言ったのであれば同様に考えれば分かるはずです。謙譲語はその語を使っている者が(その動作の主語を低め)その動作の受け手を高めるというのが基本です。これさえ理解すればチョロイ問題です。ナイス1

 

TAG